アートディレクター西野純子のブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
日経デザイン記事掲載

デザインを手がけてさせていただいている
キッコーマン様の「キレいいボトル」シリーズ
・デルモンテ リコピンリッチトマトケチャップ
・デルモンテ ケチャップハーフ
・デルモンテ 国産トマトケチャップ
の記事が
日経デザイン7月号に掲載されました。

 




いつもお世話になっている
デルモンテご担当者様が商品や容器についての
ご説明をしてくださっています。

容器のプロダクトは容器メーカー様がされましたが
容器形状の検討段階から
関わらせていただいているので
このお仕事にはとても思い入れがあります。

パッケージデザイン大賞2017にも
この前のデザインの商品ですが入選もしました。
 

→ コチラ

 



使いやすいし美味しいので
もっと多くの皆様に使っていただけたら、と
願っています。
 


 

書体のこと

カフェ・ド・クリエ様の販促物のデザインを手がけていますが
6/21から発売になったチョコミントがとても好調のようで
嬉しく思います。

ところで、今回はちょっとデザインについて
書いてみようと思います。

デザイン作業は、弊社のスタッフに担当してもらうことは
多いのですが、私もディレクションだけでなく
自らデザインの手作業もすることがかなり多いです。
もともと、プレイングマネージャーで
デザイン作業自体が大好きなもので。。。
(だから帰れない日々が続くのですが)

Macのツールは最低限の機能しか使いませんが
作業は相当早いです。
(いまだに、photoshop5.5か8でいいと思っていますし 笑)
もともとMacのない時代にデザイナーになったので
アナログでイメージをゴールまで考えているからです。

今回店頭バナーはこんなデザインになりました。

こちらの店頭バナーは、ベースは私がデザインをしています。

ついでに、2016年11月のホットのミントチョコのときも
落とし込みはスタッフにやってもらいましたが
最初のベースデザインを私が作りました。
その最終形がこちら↓

この夏と冬のチョコミントでこだわったのが
タイトルの書体選びです。

夏のデザインでこだわったのはタイトルの書体と
「C」の字のチョコレートのデザインモチーフ。
ミント色の下地にチョコレートが流れていくのを
イメージしました。
夏なので、少しアクティブに。
高品位な印象がありながらも
線が細くなく、ほどよくラフな感じです。

これが今年の夏バージョン


これが昨年の冬バージョン


昨年冬の方が少しエレガント。
でも高級すぎないような書体を選びました。
フレンチカフェの世界をいつも念頭に考えているのですが
写真がゴージャスなイメージなので
緩和させるためにエレガント+チャーミングな
書体にしています。

やはり、季節感は大事です。
夏のミントチョコは「暑い〜〜〜!」を解消したいから
少し元気で手描き感が欲しかったのです。
冬はホットミントチョコで「ほっとあたたまる」感じで
少しエレガントでチャーミングに。
流れるスピードが違う、という感じでしょうか。

同じ「Mint Chocolate」という文字ですが
全く違う印象になるんです。
デザイナーになって、一番衝撃を受けたのが書体のこと。
それによって伝わり方が全く変わることを知り
それからは書体のオタクになりました。
書体だけじゃなく、文字間、行間の幅でも全く印象が違ってきます。
それについては、書き出すと相当長くなるので
また、今度。


 

寿

i:stは今、おめでたいことが続いています。
20代中心のスタッフですが、
昨年から4人の結婚話で盛り上がっています。

とてもいいことだと思います。
幸せのおすそわけ、ということで
こちらもhappyになってきます。
初々しい新婚って羨ましいですよね。
私なんぞは今年でちょうど20年・・・
こういう新鮮な気持ちは
本当に良いですね。

ということで、先日入籍したKa君への
皆からのお祝いをこっそり用意していて
贈呈式をサプライズでおこないました。

本人からソファが無いという情報を入手し
準備した贈り物がこれ。↓
IMG_6991s.jpg

 

なにしろ大きくて
包装もできないので、手作りの熨斗を貼ったそうです。
(さすがデザイナー、手がこんでる)

開けてみて、フワフワ感にご満悦な本人。
IMG_7003s.jpg

カバーはネイビーの素敵なデニム生地。
IMG_7006s.jpg

本人もうれしくて、
思わず「履きたくなる」との感想。。。

デニムから連想したのかもしれませんが
カバーを履きたいのはどうか?と思いつつも・・
まぁ、デザイナーらしいフィーリング的な感想でした。

あまりにも大きな贈り物に
持ち帰るのも大変でしょうから
そのまま段ボールに戻して、自宅に配送手配しました。

ぜひ愛用してくださいね。

本当におめでとうございます!!
末永くお幸せに。。


 

仕事のスピード

1つ前の記事で
ダラダラ仕事するのではなく
メリハリをつけて仕事する、ということを
書きましたが、それに関連した内容で
タイムリーに目にした動画がありましたので
紹介します。

ラストスパート型ではなく
ロケットスタート型を推奨しているお話ですが
私も同じように考えていたので、すごく納得。

ソフトウエアエンジニアの方のスピーチですが
デザイナー業界にも通じるお話です。
以下にシェアします。

スクリーンショット 2017-05-01 22.27.27.png
動画は →コチラ

いつも「スケジュールを前倒しでやりなさい」とか
「先手で仕事しなさい」とか「早めに提出しなさい」とか
みんなに四六時中注意したり、指示したりしているのですが
私は「後手が嫌い」です。
「ちょっと嫌い」ではなく「すごく嫌い」です。

明日できることは明日にまわす、というようなことがイヤで
今日前倒ししてでもできるだけ終わらせる、という主義です。
最後にバタバタしたり間に合わないのは、
その時点の問題ではなく、スタートダッシュができてないから、
というのが原因だったりします。
その仕事だけ集中して最後までできることはほとんどなく
途中で想定外のことが入ってくるのは9割以上ですから。
後半に時間が足りないと、クオリティも下がります。

最初にやっても後でやっても同じじゃないか?と
思っている人がいるかもしれませんが
それを見事に「違う」と、わかりやすく否定してくださっていて
すっきりしました(笑)

そうです。そういうことなんです。
大事なのはペース配分。
やみくもに始めるのではなく計画性が必要で
ロケットスタート型であること。

本当に「スピードは最強の武器」なんです。
 

5月に入りました

4月もあっという間に過ぎ、
新しく入社した人たちもだいぶ慣れてきたようです。

今週はGW。
弊社は暦通りですが、今年の5/1と5/2は
早帰りを推奨しています。
休める人は有休とか半休もとってもらいます。

さらに5/5は「こどもの日」。
ひな祭りのときはおやつコーナーを台所に設置しましたが、
今回はおやつコーナーを設置できなかった代わりに
一人一人にメッセージ付きの
「こいのぼり えびせんべい」を
配ることにしました。



うっかり明日休みの人もいたりして
渡せなかったので、メッセージはそれぞれで。

連休はリフレッシュしてもらいたいなぁ・・・と。
メリハリのある働き方ができるようにと
いろいろと考えています。

ダラダラ仕事するのではなく、
短い時間に集中して、早く仕事することを
弊社では注力しています。

「早く仕事する」というのは「雑に仕事する」と
いうことではありません。
やみくもに際限なく仕事するのではなく
「事前に準備をし、的確なアウトプットを素早く出す」
ということです。

言い換えれば、
「仕事の真意の把握と優先順位の付け方が的確である」
ということでもあると思います。
デザインに限らず、どんな仕事においても当たり前のことですが
この業界は、その部分が欠落していることが時々あります。

「時間をかければ、いいデザインができる」とか
「時間をかけたデザインはいいデザインである」という考えには
私は反対ですし、そういうことでは評価はしません。
というのは、私たちの仕事はビジネスであって
アートではないからです。

もちろん、いくら早くても的外れは論外ですが。
 

新しい季節に

桜も散ってしばらくして
ブログを書くのが遅れてしまいましたが
この4月に新しい人たちが
i:stのメンバーとして加わりました。

新卒、中途、アルバイトからの正社員登用など
さまざまな出身の人たちではありますが、
i:stに入社していただいたことは有り難いことです。

慣れるまで大変かもしれませんが
これから楽しく仕事していけたら、と思います。

私も気持ちを新たにがんばります。


 

リコピンリッチシリーズ

キッコーマン食品様「デルモンテ リコピンリッチ」シリーズ。
こちらのラインナップ全ての
パッケージデザインを担当いたしました。

ケチャップだけでなく、飲料、トマトソース、ピューレー、ピザソースも。
通常品の1.5倍のリコピンが含まれ、コクがあって濃厚な味わいで
とても美味しいです。

 

111.jpg
ブランドサイトは → コチラ

この中で、キレいいボトルのケチャップは
カフェ・ド・クリエ様とコラボ企画で、サンプリング実施中です。
コラボ企画について → コチラ

 

5つの訓示(再掲)

3月は多くの会社で年度末ですし
人の入れ替わりも多い時期です。

そんなタイミングで
初心に戻ることを考えてみたいと思います。

2010年の4月に書いたブログの
5つの訓示を再度掲載します。

会社起ち上げて2年目でこれを書いたのですが
ちょうど7年たった今もなお、
全く同じ考えで変わりません。
シンプルにそれを自分の中で唱え
事あるごとに、自戒してきました。
 

-------------------

社訓とまではいかないけど、
みんなに守ってほしい最低限の5つのこと。

(1)時間と労力を大事に

(2)考えながら行動する

(3)向上心を常に持ち続ける

(4)コスト意識を持つ

(5)この仕事(クリエイティブ)を通じて社会に貢献する

意外とシンプルなことですが
ひとつでも欠けると会社は成長しないと思っています。
安定した運営をしていくために、スタッフみんなに守ってほしいことです。

(1)時間と労力を大事に
時間というものを意識する。
時間を厳守するという基本的なことから、
無駄に作業時間をかけないということも。
同時に労力も限りのあるものだから、
疲弊してしまっては、良いクリエイティブもできません。

(2)考えながら行動する
行き当たりばったりに仕事しない。
行動する前に計画をたてて、常に1、2歩先の手を考えながら動くこと。
上司やお客様が考えてくれるのではなく「自分が考える」という意識。
経験年数に関わらず、全行動に責任を持たなくてはいけません。

(3)向上心を常に持ち続ける
やみくもに「がんばっている」だけではダメで
プロセスだけでなく「結果」を出す。それを繰り返す。
短期的、長期的目標を持ちつつ継続的にステップアップしていかないと
モチベーションも保てないし、成長もしません。
去年とやってることが変わらないなー、と思ったら危機感が必要です。

(4)コスト意識を持つ
クリエイターが見失いがちなことですが、ビジネスでは基本。
全てのことはコストがかかっているという意識を持つこと。
お客様からの評価=対価。
儲けようとするのではなく、良い仕事をすれば対価がついてくる。
自己満足のクリエイティブは、
必ずしも良いクリエイティブではないと思います。

(5)この仕事(クリエイティブ)を通じて社会に貢献する
会社、または今やっている仕事というのは、社会に貢献することで
初めてその存在意義を認められると考えています。
社会にとって有益で必要とされれば、
その会社は存続していけると思うのです。

 

 

ケチャップ サンプリング(3/17〜)

弊社のお客様であるキッコーマン様と
カフェ・ド・クリエ様のタイアップキャンペーンを企画し、
ツールのデザインも担当いたしました。

この春新発売したキッコーマン様の
「デルモンテ トマトケチャップ リコピンリッチ」の
パッケージデザインを手がけましたが、そのケチャップを
全国のカフェ・ド・クリエのお店で数量限定で
サンプリングを実施します。


17021615_1302336293166398_7018441120947741567_n.jpg
17103728_1302336239833070_4375477392608139101_n.jpg
 

サンプリングは3/17(金)から開始しますが、
トレー広告は3/1〜3/31まで掲載しています。

ケチャップにおすすめの
「トーストサンドふわふわたまご」か
「あらびきソーセージ」を
購入してくださった方にサンプリングします。

 

 

ぜひ、3/17〜はお店に行ってみてくださいね。
(お店によってサンプリングの時間帯が異なり、
だいたいが午後の時間帯ですのでご注意ください)


----------------------------------------

 

こちらのケチャップはこの春に新発売になりました!
リコピンが通常品に比べ1.5倍はいっていて、
コクがあって美味しいです。
詳細は → コチラ

カフェ・ド・クリエ様のサイトは → コチラ
今だけの桜のドリンクやスイーツもオススメです。
 

雪どけもやし「春」

サラダコスモ様の「雪どけもやし」の
パッケージデザインとネーミングを担当いたしました。

この緑豆もやしは
新潟の南魚沼の名水を使って育てられているので
その南魚沼をイメージした風景のイラストを
用いたデザインになっており
以前「冬」バージョンをご紹介しました。
→ コチラ

春夏秋冬の季節毎にその風景のイラストを
変えていく仕掛けを施すことにしたため
年に4回デザインが変わります。

先日「春」バージョンを店頭で見つけました。
店頭の生鮮売場に一足先に桜が咲いたような鮮やかで華やかな印象でした。

 

IMG_6121.jpg

また、
ちょっと遊び心で、冬に引き続き今回の春、
これから出る夏秋でも赤い服を来た女の子を風景のどこかに
入れていくことにしました。
一年を通してストーリー性のある展開になっています。
ぜひ探してみてくださいね。

IMG_6127.jpg
 

冬と比べるとこんな感じです。
02.jpg
 

​「冬」は白い雪で覆われた山間の風景です。

清らかな雪どけ水を想起させる景色です。
「春」は雪どけして桜が咲いて、やや緑になっている山の景色です。
 

01.jpg

せっかく季節毎にデザインを変えるので
裏面には、季節のおすすめレシピの紹介もしています。
お試しください。