アートディレクター西野純子のブログです。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
雑誌MdNに掲載されました

月刊MdNというデザイン雑誌の2月号(1/6発売)に、
取材していただいた記事が掲載されました。
フォントについて魅力的に扱われている事例を
ピックアップし特集した
「フォントのショーケース」というページです。
 


今回、私がデザインを手掛けている
雪印メグミルク様の
「栗原さんちのおすそわけ 
よくがんばったね カフェラテプリン」
という商品に使われている書体について
取材を受けました。

フォントがデザインにおいて
大きな影響力があることを感じていて、
普段から特に気を遣って
デザインを心がけてきただけに、
取り上げていただいて嬉しかったです。
 


手書き感のあるゴシック系の
「TBカリグラゴシックR」というフォントが
商品特徴でもある、手作り感やナチュラル感を
表現するのに適していたので、セレクトしました。
味わい深さをより出すために
加工して使っています。

よろしければぜひご覧ください。
 

2018 謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年は、たくさんの方に大変お世話になり
支えていただきまして、深く感謝申し上げます。

今年は7月に創立10年を迎える年です。
10年前、経営の「け」の字もわからず、
起業してしまったため、試行錯誤というよりも
無茶苦茶の連続でしたが、
夢をあきらめずになんとかやってきました。
全ては、お客様や社員、周囲の方々の支えによって
成立しているので、本当に有り難いことだと思っています。

今年は支えていただいた周囲の方々にお応えできるように
構想を一つずつ実現していく年にしたいと考えています。
弊社は以前から、組織力としてのパフォーマンスを
上げることに注力してきているのですが、
昨年の私の目標の一文字は「醸(かもす)」を掲げて
年初めに社内で組織としての力を
発揮していくことの大切さについてお話ししました。

近年、同業界の残念な出来事が散見されますが、
上に立つ者のモラルや組織としての未熟さから
起因していることが多いと思っており、
弊社では、キャリアが長かったり、
デザインやコピーといったクリエイティブの
能力だけ高くてもチーフやディレクターにはなれません。
組織の中での管理能力があるかどうかが
最も重要視している部分です。

クリエイティブ力を軽視しているのではありません。
むしろ、対価をいただいている以上、
クリエイティブ力は高いレベルを追求することは
当たり前と考えています。
それ以上の差別化できるアドバンテージがないと、
淘汰されてしまいます。

個人主義が主流だった業界ですが
それでは、様々なニーズにお応えしていくことができません。
私たちに、本当に望まれているアウトプットというのは
単に素敵なデザインやかっこいいコピーということではなく
課題解決したり、結果を出すことです。
それにはいろいろな他分野の知識も必要ですし、洞察力も必要です。
個々では限界があり、多くの人の経験値や知識が
複合的、多角的な視点で検討されて
アウトプットしていかないと実現できません。
それを組織の中で取り纏め、提案し、結果を出すのが上に立つ人の役目です。

よく弊社は「デザイン会社」と言われますが、
もともと私自身、制作内容は「デザイン」といったものには
全くこだわっていません。
デザインでなくても、クリエイティブの力で
お客様の課題解決になるものであれば
いろいろとチャレンジしてみたいと思っています。
それを実現させていくためにも「デザイン力」だけが高いことは
よくないと考えています。

この10年、それをずっと念頭に独自の方法で
試みてきましたが、10年の節目の年にあたり
それをさらに実現していけるような1年に
していきたいと考えています。

これまでの10年の経験値を財産に
これからの10年、
i:stはさらに飛躍しつづけてまいります。

本年もご指導ご鞭撻のほど
どうかよろしくお願い申し上げます。


 

年末進行

毎年、この時期は年末進行で 慌ただしくしています。
それの慌ただしさを少しでもやわらげようと
この時期クリスマスツリーを飾っています。
実は11月の終わりくらいに 飾り始めました。

IMG_7986.JPG

その横には、弊社でデザインを担当した
劇団四季様の 「ノートルダムの鐘」のポスターを 置いています。
東京公演で大好評だった「ノートルダムの鐘」ですが
京都公演を経て、横浜公演が来年4月に開幕することなり
チケット発売中です。

今、たくさん交通広告などが掲出されていますが
そのデザインも担当いたしました。

東京公演で、2度観に行っていますが
また行きたいと思っています。

ぜひ皆様にもご覧いただきたいのですが
東京の秋劇場が再開発中なので、
東京の方は横浜でご覧いただくのが良いと思います。

公演の詳細は → コチラ

今週が終わると実質弊社は仕事納めになります。
早めにお休みをいただいて ご迷惑をおかけしておりますが
しっかり仕事してしっかり休む、というのが 方針なので、
お客様にお願いして なんとかご了承をいただいております。

今年もラストスパート。
がんばりたいと思います。

ホットドリンクバー

12月に入ってから、年末進行でバタバタしているので
みんなに一息入れてもらいたいという想いで
台所に「ホットドリンクバー」を設置してみました。

うちの会社の台所の隅っこは
季節毎にいろいろとコーナーができていて
今まで、
・3月はひな祭りのお菓子コーナー
・5月は子供の日のお菓子コーナー
・6〜9月はかき氷コーナー
・10月はハロウィンのお菓子コーナー
をやってきました。

12月〜2月はホットドリンクバーを
初めてやってみようと思いました。

drink.jpg

ドリンクは豊富で
・コーヒー
・カフェオレ
・紅茶
・ハーブティー
・緑茶
・葛湯
・しじみワカメスープ
・味噌汁
などなど。

かき氷は3年目で、とても好評でしたが
ホットドリンクバーもそれなりに受け入れられているようです。

仕事は繁忙期なので、
ついつい気持ちが焦ってしまいますが
そんなときに温かい飲み物を飲んで、
気持ちを落ち着かせるのは
自分も含め、大切だなぁと感じています。

年末まであともうひとふんばり、頑張りたいと思います。



 

二刀流

大谷翔平選手がロサンゼルス・エンゼルスに
入団することになりましたね。
日ハムでは、投手と打者を両立させている「二刀流」で
活躍されていましたが、
最初のころは、周囲から「投手に専念した方がいい」
「打者に専念した方がいい」などと
言われて、どちらかに専念すべき、という意見が
多かったように思います。

それでも、大谷選手は「二刀流」を選び、
それを有言実行で実績を積み、
今でこそ、「二刀流」を皆に認めさせたと言っても
過言はないでしょう。

一般的に「それは不可能」と否定的に言われることを
実現して周囲に認めさせる、ということは
並大抵のことではないな、と思います。
私は野球にそんなに詳しくはないですが
大谷選手がプロ野球に入るときに
「投手か?」「打者か?」と騒がれていた中で、
「両方やればいい」と勝手に心の中で応援していたのを
思い出します。

私は起業以来ずっとプレイングマネージャーを貫いていて
制作と経営の両方を続けています。
もちろんフリーや数名くらいの規模でしたら、
当たり前かもしれませんが
10人を超える社員を抱えて、両方を両立させるのは
決して楽ではありません。
というか、周囲からはいまだに
「経営に専念すべき」とか「制作に専念すべき」という
ご意見をいただきます。

会社での受注は全て営業窓口をしていますし、
制作も月に30〜50案件の全案件にディレクターとして絡んでいるし
自分だけでデザイナーとして手を動かしている案件もあります。
それをやりながら、経営はCEOだけでなくCFOでありCOOでもあり
全て独りで決めて実務をしています。

先日も、大学のゼミのOB会に参加しましたが、
経営学のゼミでもあったことから、多方面でご活躍されて
経営関係に携わるOBの方々も多くいらっしゃいます。
そこでも 「財務は誰か専任がいた方が良い」という
アドバイスをいただきました。
そのご意見は、とても良くわかりますし
仰る通りだと思っています。
事実、週の大半、徹夜になるので
自宅に帰れないことがほとんどです。
起業以来、その働き方はあまり変わっていません。
物理的に不可能というのは、
2人でやるべきことを1人でやっているから、明らかです。

でも、この業界における自分の最大の武器は
「二刀流」だと思っています。

制作はとても好きですが
経営も同じくらいに好きです。
商学部で経営学のゼミに入っていたのですから。
簡単に言うと、デザインも数字も好きです。

両方とも相反するようなものに見えますが
私からすると、両方とも「クリエイティブ」だということ。

それを両方やっているおかげで、お客様に対して
その場でお話を聞きながら、
制作に関わることも、経営に関わることも
即座に判断してご提案していくことができるので、
それがクイックレスポンスに繋がり、
お話がその場で進展できるメリットがあります。
「持ち帰って相談します」というのが、ないのです。

それと、常にフル回転で、テンションを上げているときほど
名案が浮かびます。
私たちの仕事では、もちろんデザインやクリエイティブ表現の
感性やセンスも必要ですが
商品パッケージや広告や販促というのは
マーケティングの要素がかなり大きく、
戦略だったり数字的な判断がとても必要なことなのです。
財務に携わっている方が、この考え方が当たり前のように出てきますので
それを制作のマインドと経営のマインドを
瞬時に切り替えたり、ミックスして考えることがとても有効です。

これを今後続けていくには
年齢的にも体力的な限界点は、当然ありますが
クリエイティブに工夫させながら
この「二刀流」を進化させることは
可能だと思っています。

まだ自分が大丈夫、と思っている間は
自分が思う形で続けてみたいと考えています。

ケチャップ サンプリング(11/22〜)

春に実施して好評だったケチャップサンプリングを
今月も実施します。
カフェ・ド・クリエ x デルモンテの
コラボ企画の第2弾になりますが
両社様とも、弊社のお客様ですし、
また企画を実施することができて、とても嬉しく思います。

「デルモンテ トマトケチャップ リコピンリッチ」の
パッケージデザインを手がけましたが、そのケチャップを
全国のカフェ・ド・クリエのお店で数量限定で
サンプリングを実施するという企画です。
告知用のツール類も弊社でデザインいたしました。

さっそく今月1日から
告知を兼ねた、トレーチラシ広告が
配布されています。

ぜひ、11/22〜はお店に行ってみてくださいね。
11/22〜11/26の期間中、各日13時より数量限定で
ケチャップにおすすめの
「トーストサンドふわふわたまご」か
「あらびきソーセージ」を
購入してくださった方にサンプリングします。


数量限定なので、
一日の配布分が早めに終了することもあるので
お早めにどうぞ。

--------------------

こちらの
デルモンテトマトケチャップの
リコピンリッチ(キレいいボトル)は
今年の春に新発売したものですが
リコピンが通常品に比べ1.5倍はいっていて、
コクがあって美味しいです。(CMも放映されました)
詳細は → コチラ

カフェ・ド・クリエ様のサイトは → コチラ
今だけのドリンクやスイーツもオススメです。
特に毎年大好評のミントチョコが
この季節ならではのホットも出ていて大人気です。

 

 

 

 

リコピンリッチ キレいいボトル
キッコーマン食品のデルモンテトマトケチャップ
「リコピンリッチ」キレいいボトルのデザインを手がけておりますが
数量限定ラベルが発売になりました。

日経web版の記事にも取り上げていただいております。
コチラ

4つのキャラクターの顔をあしらいました。

液キレのよい使いやすいボトルで
ケチャップも通常の1.5倍のリコピンが含まれる
濃厚な味です。

限定なので
ぜひGETしてみてくださいね。
パエリア

キッコーマン様の「デルモンテトマットリア」シリーズの
パッケージデザインをブランド立ち上げ時から
担当させていただいております。

この秋に数点新商品が発売になりましたが
そのうちのパエリアは、
いままでのラインナップになかったものなので
ご紹介させていただきます。

フライパン一つでできてしまう、
とっても簡単なパエリアで、
サフランが香る魚介系のベースソースと
特製フレーバーオイルの2袋が入っています。

IMG_7544 2.jpg
IMG_7546 2.jpg

まず、フライパンに生米を入れて
特製フレーバーオイルで炒めます。
これで炒めるとパラッと香ばしくし上がります。

IMG_7531 2.jpg

その後鶏肉を入れてさらに炒めたあと、
ベースソースと水を入れて沸騰させ、そのまま強火で2分。

IMG_7534.jpg
IMG_7535.jpg

食材を並べて中火で10分炊くだけで出来上がりです。

IMG_7542 2.jpg

手軽でおいしくできました!
ハロウィン、ボジョレー、クリスマスなど、
イベントが続く秋冬にぴったりですね。
次回は魚介系の食材でチャレンジしようと思います。

パーティーメニューとかでなくても
ごはんを炊き忘れたりしたときに
炊飯器で炊くより早くできてしまうので
(しかもステキな料理に見える)買い置きがあると便利です。
具材も野菜とお肉(魚介)があれば、なんでもできそうです。

ぜひお試しください。

詳しくは → コチラ
 

ハロウィンコーナー2017

10月になりました。
かき氷コーナーを店じまいして、
ハロウィンコーナーをオープンしました。

hlw.jpg

弊社は、毎年9月〜12月頃は一年の中でも
最も繁忙期のため、ハロウィンのお菓子で
仕事の合間にひと息入れてもらいたいと
思って数年前から、このコーナーを設置しています。

この中に弊社がデザインを担当したお菓子も。
完成した喜びをみんなで味わいながら
次の商品のデザイン作業にかかっているのですが
多くのみなさまに、笑顔を届けられるような
商品のパッケージデザインを作りたいと
願いながら、日々頑張っています。

1ヶ月限定のコーナーですが
なんとか繁忙期を乗り切りたいと思います!










 

ハロウィン限定デザイン 2017年版

森永製菓様のハロウィン限定パッケージのデザインを
3点手がけさせていただきました。

・ハイチュウ
・miniエンゼルパイ
・miniビスケット(マリー&ムーンライト)

IMG_7481.jpg

今回はデザインを合わせる、ということで
オバケや背景のイラストなどを統一して制作しています。

また、ハロウィンならではの
配って楽しい個包装のデザインになっています。

IMG_7515.jpg
IMG_7519.jpg
↑こちらは、エンゼルパイのデザインです。

この秋のハロウィンを楽しく彩れたら、と
願っています。

あちこちの店頭でも見かけるようになりました。
数量限定なので、お早めにどうぞ!