アートディレクター西野純子のブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ノートルダムの鐘の製作発表会
6/8(水)に劇団四季様の
「ノートルダムの鐘」の製作発表会に行ってきました。
こちらの演目は初めて上演されるもので
キービジュアルとタイトルロゴのデザインを
担当させていただきました。
関わったスタッフ3人とともにお伺いしてきました。

アニメとはまた違う、原作に近い
人間の複雑で深い部分、明と暗、はかなさなどが描かれており
重厚で大人向けの公演となっています。
デザインもその部分を表現するために
光と陰の表現にこだわりました。

音楽も素晴らしく大変見応えのある作品ですので
多くの皆様にご覧いただきたいと思っています。

13346906_1055837874482909_2590656449111461751_n.jpg

開場のパネルや
当日配布されたバッグなどもデザインしました。

13346697_1055837887816241_8661488266077378146_n.jpg

製作発表会の様子は → コチラ
プロモーション動画やナンバー披露動画もありますが、
デザインにあたりリサーチしていて曲も知っているのにも関わらず
拝見したときにあまりにも素晴らしく
思わず鳥肌がたち、感動しました。

公式サイトは → チラ

開幕は12月11日(日)です。
ぜひご覧いただけたら、と思います。
 
夢から醒めた夢 開幕公演
8/23に四季劇場秋にて開幕した
「夢から醒めた夢」の公演を観てきました。

弊社でポスターデザインを手がけさせていただきましたが、
今回は劇団四季様の60周年記念公演ということで
公演そのものもとても楽しみにしていました。

公演がはじまる前から劇場内外で
ロビーパフォーマンスがあって
開演時間より余裕をもって早めに行くと楽しめます。

詳しくは →コチラ

夏休みということもあって、
お子さんも多かったように思います。

そして、ほぼ満席状態で迎えた開幕公演は
幕がおりても拍手が鳴り止まず、すばらしかったです。

毎回お仕事をご依頼いただくたびに
VTRも台本も拝見して内容もよくわかっているのですが、
やはり劇場ならではの臨場感があって圧倒されます。


デザインしたポスターが入り口や劇場内にも貼られていて
その前で記念撮影してくださるお客様もいらっしゃって
嬉しかったです。

ぜひ皆様にもご覧いただきたいと思います。




クリスマスモード その2
うちは、赤坂サカスにもミッドタウンにも歩いていけるのですが、
今、イルミネーションがとってもキレイです。

こちらがミッドタウン


連日、見物にいらしている人でいっぱいです。
とてもおすすめです。

そしてこちらが赤坂サカス


師走の忙しさに奔走していますが
キラキラした街の中を通り抜けながら
ちょっと幸せなキモチになる瞬間です。

いつもお世話になっている方から
とらやの季節の羊羹「水」をいただきました。



説明書を読むと、この羊羹「水」は
日本の弥生時代から用いられてきた代表的文様の
「流水文」をモチーフにしているそうです。

ワクワクしながら、本物の竹の皮でできた包みを開くと・・・



おぉ! すごい。そういうことかー。

「流水文」というと、
尾形光琳の「紅白梅図屏風」があまりにも有名ですが、
その文様を取り入れたお菓子を創るという発想、
しかもシンプルなラインと色のバランスがすばらしいです。
日本のお菓子は本当に芸術的ですね。

スタッフみんなでいただきましたが、
とてもおいしかったです。
ごちそうさまでした!!


オリンピック
北京オリンピック、ついに閉幕です。
中学時代陸上をやっていた、ということもあって
特に陸上の種目が気になりました。

その中でも、男子400mリレーは銅メダルの快挙。
本当にすばらしいと思います。
トラック競技では、悲願のメダル。

400mリレーは競技会で出場もしたことがあるのでわかるのですが、
(弱小チームでだったので、中距離走専門の私も第3走で走りました。。)
個人種目が多い陸上競技の中でもチームワークが重要な鍵になる種目です。
1走から2走へ、2走から3走へ、3走から4走へ、
そしてアンカーはみんなの想いを託されてゴールへ。
今回は出場選手の想いが伝わるレースでした。

それを観ながら、あきらめないで努力すれば実を結ぶ、ということと
個々の力にチーム力が加わると人数以上のパワーが生まれるんだと
あらためて思いました。
スポーツだけじゃなく、全てのことに通じることですね。