アートディレクター西野純子のブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ケチャップ サンプリング(3/17〜) | main | リコピンリッチシリーズ >>
5つの訓示(再掲)

3月は多くの会社で年度末ですし
人の入れ替わりも多い時期です。

そんなタイミングで
初心に戻ることを考えてみたいと思います。

2010年の4月に書いたブログの
5つの訓示を再度掲載します。

会社起ち上げて2年目でこれを書いたのですが
ちょうど7年たった今もなお、
全く同じ考えで変わりません。
シンプルにそれを自分の中で唱え
事あるごとに、自戒してきました。
 

-------------------

社訓とまではいかないけど、
みんなに守ってほしい最低限の5つのこと。

(1)時間と労力を大事に

(2)考えながら行動する

(3)向上心を常に持ち続ける

(4)コスト意識を持つ

(5)この仕事(クリエイティブ)を通じて社会に貢献する

意外とシンプルなことですが
ひとつでも欠けると会社は成長しないと思っています。
安定した運営をしていくために、スタッフみんなに守ってほしいことです。

(1)時間と労力を大事に
時間というものを意識する。
時間を厳守するという基本的なことから、
無駄に作業時間をかけないということも。
同時に労力も限りのあるものだから、
疲弊してしまっては、良いクリエイティブもできません。

(2)考えながら行動する
行き当たりばったりに仕事しない。
行動する前に計画をたてて、常に1、2歩先の手を考えながら動くこと。
上司やお客様が考えてくれるのではなく「自分が考える」という意識。
経験年数に関わらず、全行動に責任を持たなくてはいけません。

(3)向上心を常に持ち続ける
やみくもに「がんばっている」だけではダメで
プロセスだけでなく「結果」を出す。それを繰り返す。
短期的、長期的目標を持ちつつ継続的にステップアップしていかないと
モチベーションも保てないし、成長もしません。
去年とやってることが変わらないなー、と思ったら危機感が必要です。

(4)コスト意識を持つ
クリエイターが見失いがちなことですが、ビジネスでは基本。
全てのことはコストがかかっているという意識を持つこと。
お客様からの評価=対価。
儲けようとするのではなく、良い仕事をすれば対価がついてくる。
自己満足のクリエイティブは、
必ずしも良いクリエイティブではないと思います。

(5)この仕事(クリエイティブ)を通じて社会に貢献する
会社、または今やっている仕事というのは、社会に貢献することで
初めてその存在意義を認められると考えています。
社会にとって有益で必要とされれば、
その会社は存続していけると思うのです。

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://iistbau.jugem.jp/trackback/416
TRACKBACK