アートディレクター西野純子のブログです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 寿 | main | 日経デザイン記事掲載 >>
書体のこと

カフェ・ド・クリエ様の販促物のデザインを手がけていますが
6/21から発売になったチョコミントがとても好調のようで
嬉しく思います。

ところで、今回はちょっとデザインについて
書いてみようと思います。

デザイン作業は、弊社のスタッフに担当してもらうことは
多いのですが、私もディレクションだけでなく
自らデザインの手作業もすることがかなり多いです。
もともと、プレイングマネージャーで
デザイン作業自体が大好きなもので。。。
(だから帰れない日々が続くのですが)

Macのツールは最低限の機能しか使いませんが
作業は相当早いです。
(いまだに、photoshop5.5か8でいいと思っていますし 笑)
もともとMacのない時代にデザイナーになったので
アナログでイメージをゴールまで考えているからです。

今回店頭バナーはこんなデザインになりました。

こちらの店頭バナーは、ベースは私がデザインをしています。

ついでに、2016年11月のホットのミントチョコのときも
落とし込みはスタッフにやってもらいましたが
最初のベースデザインを私が作りました。
その最終形がこちら↓

この夏と冬のチョコミントでこだわったのが
タイトルの書体選びです。

夏のデザインでこだわったのはタイトルの書体と
「C」の字のチョコレートのデザインモチーフ。
ミント色の下地にチョコレートが流れていくのを
イメージしました。
夏なので、少しアクティブに。
高品位な印象がありながらも
線が細くなく、ほどよくラフな感じです。

これが今年の夏バージョン


これが昨年の冬バージョン


昨年冬の方が少しエレガント。
でも高級すぎないような書体を選びました。
フレンチカフェの世界をいつも念頭に考えているのですが
写真がゴージャスなイメージなので
緩和させるためにエレガント+チャーミングな
書体にしています。

やはり、季節感は大事です。
夏のミントチョコは「暑い〜〜〜!」を解消したいから
少し元気で手描き感が欲しかったのです。
冬はホットミントチョコで「ほっとあたたまる」感じで
少しエレガントでチャーミングに。
流れるスピードが違う、という感じでしょうか。

同じ「Mint Chocolate」という文字ですが
全く違う印象になるんです。
デザイナーになって、一番衝撃を受けたのが書体のこと。
それによって伝わり方が全く変わることを知り
それからは書体のオタクになりました。
書体だけじゃなく、文字間、行間の幅でも全く印象が違ってきます。
それについては、書き出すと相当長くなるので
また、今度。


 

COMMENT









Trackback URL
http://iistbau.jugem.jp/trackback/422
TRACKBACK